マイカーの支払い方法

マイカーをローンで支払う人は多いですが、一括で支払う人もいます。金利もかからず車の所有権は初めから自分のものになる、毎月の支払いが減るなど、実は一括で支払うメリットはたくさんあります。しかし、金額が大きいので、マイカーローンという選択肢が間違っているとも言えません。

 

マイカーローンの場合、車両価格を分割で支払うようになりますが、車種やグレードを変えると毎月の支払いも多くなってしまいます。返済の金額を取るか、車種を取るか、ここは悩み所の1つです。その悩みを解決する方法として、残価設定ローンがあります。

 

残価設定ローンでは、購入した車を後に下取りをする前提で、本体価格を抑えるようなイメージでローンを組みます。

 

例えば200万円の車を購入して、3年後の価値が80万円だと想定されているとします。この場合、120万分を3年間でローンを組んで、3年経ったら乗っていた車を下取りに出して、80万円で売ってしまいます。実質的には120万円のローンを組むのに近い形となります。

 

ただし残価設定ローンにも注意点はあります。借入は200万円なので、金利は残価の80万円に対しても発生します。また、傷が付いたり故障したりで査定が下がる、出ない場合があります。ただしこの場合には、残りの80万円を再度ローンを組むという救済措置はあります。

 

安くマイカーローンが組めれば支払いの負担も軽くなります。金利面にしても返済金額にしても、安いマイカーローンを利用するならマイカーローンの金利比較を行うのが基本となります。