マイカーローンと車の負担

マイカーローンを組めば高い車も手軽に買えるようになりますが、問題は借りた後です。ローンの返済を進めていかなければならず、いくら低金利のマイカーローンを利用するとしても、高い車を買えば毎月の利息負担は大きくなってしまいます。

 

 

また、車は買えば維持費も発生します。持っているだけでお金がかかるのが車なので、マイカーローンを組む際にはローンの返済はもちろん、車にかかるお金に関してもしっかりと計算をしなければなりません。

 

どちらかが欠けてしまうとマイカーローンの返済も車の維持も難しくなりますので、マイカーローンは気軽に組むものではなく、しっかりと考えて手続きを進めるようにしましょう。そのためにはしっかりとしたマイカーローンの比較検討も必要となります。

 

マイカーローンをいくらで組む?

欲しい車があっても、お金がなければ買えません。高額なだけに貯金を貯めて買うのは大変です。特に車の場合は、仕事の通勤で必要になるなど、お金がないから我慢するでは済まされない場面も多いです。

 

そこで力になるのがマイカーローンです。高額な支払いもローンを組んでしまえば毎月の返済で購入が可能です。毎月のローンの支払いが2万円だとして、家計は大丈夫でしょうか?マイカー購入には、ローンの他にも様々な費用がかかってきます。本体価格だけでは車は維持できないのです。

 

こんなにかかる車の維持費

車には様々な維持費がかかります。税金の話で言えば、自動車税、重量税、自賠責などがかかります。自動車税は購入時だけでなく毎年の支払いです。軽自動車でも7200円、排気量1.5リットル~2.0リットルなら39,500円もの税金がかかります。

 

税金も含まれますが、ガソリン代も意外とかかります。ガソリン価格や燃費で大きく変動はしますが、年間10000キロ走行するとした場合、5万円などの費用が年間でかかります。

 

駐車場も必要です。お金がかからなければいいのですが、中には自宅付近と勤務先付近で、2重に駐車場代が必要な人もいます。

 

車に乗るなら保険は必須です。これについても費用は様々ですが、年間で10万円以上、特に対人の事故を考えると任意保険はほとんどの人が退陣無制限で加入します。また、車検の時にはこれとは別にまとまったお金が必要になります。車検費用に含まれていますが、やはり税金もかかっています。

 

これだけの費用を合計すると、大きなお金になります。例えばマイカーローンが2万円の支払いだとしても、維持費を月当たりで計算すると、ローン以上の維持費がかかるのが分かるはずです。

 

マイカーローンの費用以外にも注目する

マイカーローンの月の支払いよりも、維持費を見直した方が家計にはいい場合が多いです。例えば保険などは見直しするだけで毎年数万円の違いがでるケースもあります。

 

これからマイカーの購入を考える人は、燃費や税金などの維持費を踏まえた総額で車種を選ぶのがよいでしょう。金額としては車の維持費にかかってくる部分は大きいので、車種のグレードを上げた方が節約になる場合もあります。

 

また、今車の維持費がかかっている人が、マイカーローンを使って乗り換えた方が安く済んだというケースもあります。マイカーローンを見積もるときには維持費がかかる点と、それを踏まえた総額で考えた方がよい点を覚えておきましょう。

 

負担を軽くして生活を楽にする

車の維持費の中でも大きな負担となる保険の見直しをする、マイカーローンの返済で大きな負担となる金利を低くするために借り換えをするなど、いくつかの方法で車に関連する費用の負担を抑えることが可能です。

 

マイカーローンの借り換えも低金利の銀行のローンで行えば今後の返済が楽になるので、借り換えができる低金利マイカーローンをマイカーローンの借り換え情報で確認をしましょう。